本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 高知 > 板垣退助生誕地

板垣退助生誕地

                                高知県クリスチャン関連史跡

「板垣死すとも自由は死せず」


自由民権運動のさきがけとなった板垣退助の生まれた地。
現在は高野寺となっていますが、この寺は1883(明治16)年に板垣退助邸を譲り受けて開創された「高野山出張所」が元になった寺院です。当地を譲り渡した板垣退助は、新田の方に引っ越して新居を構えるようになりましたが、その場所が板垣退助邸跡です。


板垣退助生誕地

板垣退助生誕地


岐阜で暴漢に襲われた時に言ったという「板垣死すとも自由は死せず」のフレーズで有名ですが、実際に言ったのは、「我死すとも自由は死せず」でした。

「板垣死すとも・・・」の方が人口に膾炙したためか、品川神社裏にある板垣退助の墓石の隣には、佐藤栄作の筆による「板垣死すとも自由は死せず」の石碑が建てられています。

板垣家の宗旨は曹洞宗であるため、葬儀は仏式で行われ、墓石も仏式ですが、板垣退助本人はプロテスタントのクリスチャンで、同郷の片岡健吉や坂本直寛の受洗に多大な影響を与えました。


板垣退助生誕地
板垣退助生誕地
板垣退助生誕地
板垣退助生誕地
板垣退助解説碑
板垣退助解説碑
板垣退助生誕地
板垣退助生誕地



 
現地への行き方
住所は高知市本町2-3-18です。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》



                                         NEXT >>