本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 高知 > カトリック中島町教会

カトリック中島町教会

                                高知県教会

高知市内にあるカトリック教会


高知市の歴史地区にあるカトリック教会。
現在はオブレート会が司牧にあたっています。オブレート会はローマに総本部を置く国際的な修道会で、世界60ヶ国で、4千名余りの会員が活躍しています。日本では終戦以降、高知県での宣教を引き受けたのを始まりに、徳島、兵庫、福岡、愛知で司牧を担当するようになりました。


カトリック中島町教会

カトリック中島町教会


高知でのカトリック宣教は、1882年にパリ外国宣教会のマレン・ブレシ神父が派遣されて来たことから始まります。

1883年に1人、84年に5人、翌年さらに27人が洗礼を受け、教会の基盤が建てられるようになっていきました。

戦時中には教会堂が被災し破壊されましたが、再建されて現在に至っています。


カトリック中島町教会
カトリック中島町教会
カトリック中島町教会
カトリック中島町教会
聖堂
聖堂
聖堂
聖堂
ステンドグラス
ステンドグラス
聖堂
聖堂
カトリック中島町教会
カトリック中島町教会
オブレート会 司祭館
オブレート会司祭館



 
現地への行き方
土佐電鉄「県庁前」下車、徒歩5分。住所は高知市鷹匠町2-1-33です。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》



                                         NEXT >>