本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 高知 > 称名寺

称名寺

                               高知県浦上キリシタン関連史跡

浦上キリシタンの男性を誘惑した


長崎から流配されてきた浦上キリシタンの男性を誘惑して、信仰を捨てさせようとした寺。
当時は現在地ではなく高知市潮江にあり、廃仏毀釈で廃寺になっていた可能性があります。その後今の場所に再建されました。


称名寺

称名寺


長崎からキリスト教徒が流配されて来たのは、各藩で棄教させるためだったので、土佐藩では儒学者や神官を牢に送って説諭しました。

しかし信徒たちが微動だにしなかったので、藩では主要人物数人を牢からこの寺に移して、より一層強く説諭したのですが応じなかったため、青年から中年の男性を個々に部屋に入れ、そこに妙齢の女性を配して節操を乱そうとしました。彼らは断固として拒み、誘惑に負けた者は1人もいませんでした。

現在、称名寺は高知市升形にあり、浦上キリシタンが連行されたのはこの場所ではありません。また妙齢の女性を配して節操を乱そうとしたのも藩の役人でした。


称名寺
称名寺
称名寺
称名寺
称名寺
称名寺
称名寺
称名寺



 
現地への行き方
住所は高知市升形8-19です。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》



                                         NEXT >>