本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 高知 > 嶽洋社跡

嶽洋社跡

                                高知県クリスチャン関連史跡

坂本直寛が活躍していた


坂本直寛が弁士(講師)を務めた嶽洋社(がくようしゃ)があった場所。
隣には河野俊鎌誕生地碑と婦人参政権発祥の地碑が建てられています。


嶽洋社跡

嶽洋社跡


嶽洋社は立志社の流れを汲む自由民権運動結社で、1878年に設立されました。

初代社長は近藤正英。社員は、坂本龍馬の甥で自由民権運動家として知られる坂本直寛ら、500名を擁していました。


嶽洋社跡
嶽洋社跡
嶽洋社解説
嶽洋社解説
婦人参政権発祥の地
婦人参政権発祥の地



 
現地への行き方
電停「上町一丁目」から徒歩2分。碑は高知市立第四小学校(高知市上町2-1-11)前にあります。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》



                                         NEXT >>